2006年05月31日

『あなたに不利な証拠として』

自身も警察官だった、ローリー・リン・ドラモンドによる
短編集(早川書房刊)。主人公はすべて女性警察官だ。

キャサリンという女性を主人公にした冒頭の3編からして、
いきなり重い。死臭に苦しみながらも現場検証のノウハウを
身につけてゆく彼女、愛する夫(やはり警察官)の殉職に接し
ながらも冷静に捜査を続ける彼女、そして、ついには
精神異常者の凶刃に倒れる彼女…そんな姿が淡々と描かれてゆく。

銃社会のアメリカにおいては、ちょっとした職務質問でさえ
命がけだ。自身を守ろうと発砲すれば世間の非難をあび、
かといって一瞬油断すれば命を落としてしまう。銃や麻薬を
めぐる犯罪はなくなるどころか、増える一方だ。

そんな状況で職務を全うしなければならない彼ら。
その「やるせなさ」は先日見た映画『クラッシュ』にもにじみ出ていた。

あの映画の、マット・ディロン演じる警官やその同僚に
シンパシーを感じる人であれば、この本は読むべきだろう。
やり切れない思いの中、虫けらのように殺されていっても、
確かにキャサリンは「生きた」のだ…そう思わなければ
やってられない。

一貫して冷徹な描写は、ある意味ハードボイルド以上に
ハードボイルドだ。それでいて、ハードボイルドの書き手が
よく陥る自己陶酔やセンチメンタリズムが徹底して排除されて
いるのも興味深い。作者は、ひょっとして一般読者だけでなく
犯罪の現場にいた自分をも納得させるような作品を書きたかった
のではないだろうか、と勘ぐりたくなる。

単なる「犯罪小説」ではなく、まさしく様々な「人生」を
切り取った作品集。じっくり、腰を落ち着けて味わわれることを
おすすめすしたい。


posted by midland at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。